blog:hidden

30代アダルトチルドレン。世代間連鎖の渦中。自由に書き散らすブログ

『生きる技法』を読んだ

生きる技法。
なんともストレートなタイトル。帯にあった、
「助けてください」と言えたとき、人は自立している
というワードに惹きつけられて購入。

幼い頃から早く自立するよう求められて育てられた私は、人に頼ったり、助けを求めることなど出来なかった。今も、そう。
1人で立って生きることが自立だと思っていたし。

でもこの本は自立は人に頼ることだと言っている。

何でもかんでも人に頼ろうとして、人が助けてくれないと、当たり散らすような人は、未熟なだけです。
しかし、自分が困っているときに、助けを求めることができないこともまた、未熟さの反映なのです。

そうなの?!衝撃を受けた。

「恐怖」には原因があるが、その原因を自分で隠蔽すると、「不安」になる

不安って厄介なもんだけど、自ら生み出しているんだよなぁ。

嫌われるのを恐れると、誰にも愛されない

ドキっとする。嫌われたくないという想いはなかなか制御できない。

悩むのをやめることです。悩めば悩むほど、自分が何を感じているのか、何を感じているのか、わからなくなってしまうからです。そうではなくて、悩むのをやめて、自分が感じていることに眼を向けることが必要です。

自分が感じていることに、正しく眼を向けることができれば、悩むのを自然とやめることができる。そういう風に人間はできているみたい。

とても読みやすかったし、前向きになれる思想が書かれてあった。
この内容を自分なりに取り込んで活かしていくって感じの本。何度か読み返すのがいいのかもしれない。

私はまず自分なりに「助けて」と表現してみることにした。
すると、気遣ってくれる人や見守ってくれる人、支援してくれる人が現れた。というかそういう人達が居るということに気づいた、かな。
本当にありがたい。まだまだ上手く頼ったりできないけど、少し前に進めたと思える。

読んでよかった本。

生きる技法

生きる技法