読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog:hidden

30代アダルトチルドレン。世代間連鎖の渦中。自由に書き散らすブログ

カウンセリング2回目〜無意識下の支配から抜けるのは難しい

カウンセリング 私のこと アダルトチルドレン/愛着障害

12月に入りなんとなくメンタルの調子が悪い。
好きな友達の態度がなんとなく素っ気なくて、避けられているのではないかと落ち込む。
素っ気ない態度をとっているのはむしろ自分の方かもしれない。
わからないけど落ち込む。

カウンセリングに行くのは足が重たかった。辛い作業をしなきゃいけないし。
今回も椅子を使った心理療法だ。

なんとなく調子が悪いのを誰かに相談したいけどできないこと。
それを紐解いて行くと親との関係に行き着き、辛くなって涙が出た。

小学校の頃に転校してうまく馴染めなくて毎日泣いていた時に親に軽く放置されていたこと。
放置…ではないけど。記憶にあるのは一人で泣いていて親は側で見ていた、ということだった。
抱きしめて欲しかった。なぜ見ているだけなのかと。
そういう感情が出てきた。

放っておいた親のそういう部分は嫌だ。
という気持ちを言葉に出してその気落ちを椅子を叩くことでぶつけてみようと言われた。
それはとても難しいことだった。
親を否定してはいけないという気持ちが根深くある、と気づいた。
親も大変だったんだから、私もちゃんと気持ちを伝えられなかったから悪いんだって。
でも私は悪くないよね。そこは親が子供に歩み寄らなきゃダメだよね。
って分かるんだけどなかなか受け入れるのは難しい。
無意識にコントロールされていたような気がする。今も。
言われた通り椅子を叩いてみたが、罪悪感が湧いてきた。すっきりしない。
まだ時間がかかりそうだ。

親を直視できない自分がいる。いつからだっけ。
そういえば直視するのが難しくなっていた。
友達も直視できなくなってきていた。結局そうやって親との関係が友人関係にも響いて行く。

とても疲れた。
恋人にはカウンセリングのことはまだ言えていない。
疲れた…と漏らすとお疲れ様っと言ってくれて、こっそり少し泣いた。
優しい人だし同世代なのに随分大人だ。
なぜ言えないのか。これまた難しい。
恋人関係も友人関係も全て不安である。
勇気を出して友達に最近辛いとLINEで言ってみた。仕事が?と聞かれて返せていない。
漠然と全部が辛いのだけど、これ以上は怖くて言えない自分がいる。
ただただ優しくされたい、慰めて励ましてほしい、ような…。
そんな未熟で子供な自分を見せてしまったら嫌われる、見捨てられると言う思い込みで動けなくなる。
普通の人はどうやって人に頼ったり相談したりするんだろう。
本当にわからない。